Lichtpuntje

SURUGA Lichtpuntje. Bring your dream to reality. Draw my dream.

イベントスケジュール

イベントスケジュールTOP

ミッドタウン

2016年9月6日(火) 19:00~21:00

アレクサンドロス大王に神託をさずけた神殿を訪ねて

アレクサンドロス大王が開いた都では、後継者プトレマイオスの一族がギリシア・スタイルの文化を花開かせた。内陸とは気候も人種も異なるが、彼らはそれまでの行政の中心地であった首都メンフィスの主神プタハの聖獣アピスと自分たちの神を習合させ、「セラピス神」という新しい神を祀った。大王は王朝をひらくにあたって、現在エジプト西部砂漠北西部リビアとの国境付近に位置するシワ・オアシスでエジプト王たちが信仰していた力あるアメン神にお伺いをたてたといわれている。エジプト地中海沿岸地域は、昔ブドウの積出港があり、今もヨーロッパや国内から避暑にやってくる人たちが多いところである。今回は、古代エジプト学を専門に研究されている村治氏をお招きし、シーワのアメン神殿やアレクサンドリアのセラピス神殿、そして再建されたアレクサンドリア図書館についてお話しいただく。

2016年9月6日(火) 19:00~21:00 アレクサンドロス大王に神託をさずけた神殿を訪ねて 講師:村治 笙子(むらじ しょうこ)

講師紹介

村治 笙子(むらじ しょうこ)
村治 笙子(むらじ しょうこ)
古代オリエント博物館自由学校・朝日カルチャー 講師
1947年東京都生まれ。東洋大学西洋史学科卒業。古代エジプトの神殿や墓の壁画やミイラの棺や副葬品のヒエログリフなどを研究。ギリシア哲学の研究者だった父親の影響で地中海世界に興味をもち、自宅にあったヒエログリフの辞書がきっかけとなってエジプトを学ぶ。現在は古代オリエント博物館自由学校、朝日カルチャー講師、国内のエジプト展関連の講演や図録の執筆などを行なう。
著書に、岩波新書『古代エジプト人の世界』、河出書房新書『図説 エジプトの死者の書』、山川出版社『ナイルに生きる人びと』などがある。
日本オリエント学会、西アジア考古学会、世界遺産アカデミー、日本旅行作家協会などに所属する。

募集要項

日時 2016年9月6日(火) 19:00~21:00
定員 50名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。
主催 Lichtpuntje ミッドタウン
会場 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー7F

申し込み方法

申し訳ございませんが、参加申し込みの受付は終了いたしました。

東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー7F
Tel.03-5411-2363
10:00~18:00 月~金曜日(祝日を除く)

  • セミナーはどなたでもご参加いただけます。
  • 一部イベントにつきましては年齢制限があり、保護者の同伴もしくは同意が必要となる場合があります。
  • 席数には限りがございます。
  • 場合によっては立ち見となる可能性がありますがご了承願います。
  • 万が一日程変更・中止の場合にはご連絡させていただきます。あらかじめご了承ください。
  • 最新のセミナー情報をメルマガで受け取りたい方は

お問い合わせ

<Lichtpuntjeミッドタウン>

03-5411-2363
10:00~18:00(月~金)
※祝日を除く

<メールでのお問い合わせ>

セミナーに関するご感想、ご意見、ご要望をご記入ください。

avtomaticheskij-poliv.net.ua/oborudovanie-dlya-poliva-hunter

cialis senza ricetta

comprare generico viagra