Lichtpuntje

SURUGA Lichtpuntje. Bring your dream to reality. Draw my dream.

特集

特集TOP

2013 Oct.4
d for Debut! -夢を広げる“ハジメテ体験”のススメ- Vol.2・後編

季節に合わせた〈薬膳料理〉で
健康の秋Debut

「d for Debut!」は、ライフスタイルや趣味の幅を広げてくれるさまざまな体験を、みなさまに紹介するコーナーです。各テーマの前編では、Lichtpuntjeスタッフの和智あゆ美が “ハジメテ”体験をレポート。後編では、「今すぐはじめる&役立つ プチDebut講座」をお届けします。

薬膳の基礎とメニューを学んだ前編に続いて、ここでは、秋の体調管理に役立つ食材をピックアップ。さらなる薬膳の魅力も、お伝えします。

季節に合わせた〈薬膳料理〉で健康の秋Debut
「キッチン薬膳コンシェルジュコース」の授業

前編では、初めて聞く用語や、西洋医学・栄養学とは異なる考え方に、目からウロコ状態だったLichtpuntjeスタッフの和智。「続けることで、体調の変化は実感できますか?美容にはどんな効果が?」と、まだまだ薬膳の魅力を知りたいようです。

そこで、杏仁美友先生が講師を務める「キッチン薬膳コンシェルジュコース」の授業に、足を運んでみました。取材に協力してくれたのは、初心者からスタートし、約4か月間、薬膳を勉強してきた生徒の方々です。「薬膳を学んでよかった!」と感じるは、どのような点かとたずねると…。

「体調だけでなく、肌にも変化がありました。以前は鮫肌だったのですが、今はすべすべ。飲食関係の仕事をしているので、そこでも、薬膳を活かしたいと思っています。」

「“本当に体にいいもの”を追求したいと思い、薬膳にたどり着きました。今では、家族みんなが風邪知らず。アンチエンジングにもなっています。体の内側から、キレイな女性になっていきたいですね。」

「興味を持ったのは、体調不良がきっかけ。今では体力がつき、食を意識することで、生活も豊かになりました。周囲にも薬膳を広めたいので、今後は中医学も勉強しようと考えているんです。」

みなさん、薬膳を学ぶことで、美と健康のほかに、さまざまな夢も手に入れたようです。食と日々の生活に、新たな視点を与えてくれる薬膳。気になる方は、さっそく明日から取り入れてみてはいかがでしょうか?次ページからは、秋をテーマに、今すぐ役立つ知識をお伝えします。

〈今すぐはじめる&役立つ プチDebut講座〉
秋は、“乾燥”を回避すべし

秋は、“乾燥”を回避すべし

今回の「プチDebut講座」のテーマは、秋の体調管理。まずは、季節の特性から、教えてもらいましょう。

「薬膳と関わりの深い中医学では、秋は『燥邪(そうじゃ)』の季節と考えます。燥邪とは、乾燥による体への悪影響のことで、影響を受けやすいのは、肺・鼻・喉・肌などの部位。乾燥により、皮膚のバリア機能や免疫力が低下するため、肌あれやアレルギー疾患、風邪などの症状が出やすくなってしまいます。また、水分不足による便秘が起こることも。髪の毛も、パサつきやすくなります。

冷房の影響で、夏の終盤から乾燥を感じている人も多いはず。うるおいを補給してくれる食材を摂ることで、燥邪の季節を乗り切りましょう。」

〈今すぐはじめる&役立つ プチDebut講座〉
“白色食材”で、うるおい補給

杏仁先生によれば、体をうるおす食材には、白色のものが多いのこと。下記のような食材がそろいます。

■れんこん

れんこん
血行を促進する作用もアリ。加熱することで、胃腸の機能を高める働きも。

■松の実

松の実
抗酸化作用があるので、老化予防や美肌対策にも。
そのまま、お茶うけやおつまみにするほか、サラダなどのトッピングに使って。

■たまご

たまご
貧血や精神の安定にも、適した食材。とくに黄味は、滋養強壮作用が強い。

■豆腐

豆腐
麻婆豆腐にすると、新陳代謝を活発にする『辛』の食材も一緒に摂取できて◎。
ただし、過度に辛いものを摂ると、逆に乾燥を招くので、ほどほどの味付けに。
豆乳も同じく、うるおいを補給してくれる。

■白きくらげ

白きくらげ
食物繊維が豊富で、ローカロリー。
水で戻してサラダに加えたり、コリコリの食感を活かしたデザート作りにも適している。

〈今すぐはじめる&役立つ プチDebut講座〉
秋のはじまり&終わりは、“胃腸”に注意

〈秋のはじまり&終わりは、“胃腸”に注意

乾燥のほか、夏から秋、秋から冬への移行期に気をつけたいのが、消化器系のトラブルです。

「『木火土金水』の『五行』でいうと、春は『木』、夏は『火』、秋は『金』、冬は『水』。そして残りの『土』は、各季節の移行期に、必ず通るようになっています。『土用の丑の日』の土は、この土からきているんですよ。

土は『五臓』でいう『脾』=消化器系に影響します。脾の機能が衰えると、水分代謝が悪くなり、むくんだり、下痢をしやすい状態に。食欲も落ちますし、食べ物を消化して全身に行き渡らせる機能も低下ぎみに。その結果、体力に影響してしまいます。

秋のはじめりと終わりを元気に過ごすためには、胃腸をいたわる食材を選ぶようにしましょう。」

〈今すぐはじめる&役立つ プチDebut講座〉
“甘い食材”で、胃腸をバックアップ

「『五味』で考えると、甘みのある食材が、『脾』の機能を高めてくれます」と杏仁先生。負担をかけないよう、消化のいい調理方法で食べるようにしましょう。

■さつまいも

さつまいも
食物繊維が豊富で、便秘にも効果アリ。また、ビタミンCが豊富なので、美肌効果も期待できる。

■栗

栗
滋養強壮作用もアリ。調理に使いにくい場合は、画像のような甘栗をおやつにしてみて。

■じゃがいも

じゃがいも
暑さが残る時期の食欲不振には、前編で紹介した食材、とうもろこしと合わせたメニューがオススメ。

■豆類

豆類
画像は、乾燥していて保存のきく紫花豆と白花豆。煮豆などに使用して。
ほかに、さやいんげんも、消化器系に作用する。

■なつめ

なつめ
アンチエイジングや美肌効果にも優れるが、食べ過ぎるとお腹が張るので注意。
スープに入れて煮出すほか、半分に切り熱湯にひたすと、なつめ茶に。

今回紹介した食材は、前編と同様、スーパーマーケットで手に入るものばかりです。新たな食習慣の第一歩、ここから気軽にスタートしてみませんか?

Information 1

薬膳コンシェルジュ協会

杏仁美友氏が代表理事を務める、薬膳の資格認定機関。入門者向けの「キッチン薬膳コンシェルジュ」とプロ養成のための「薬膳コンシェルジュ」の2講座を開催。ともに、約6か月間をかけ、薬膳の理論と実践を学んで、資格取得を目指す。そのほか、「ワンデーレッスン」を不定期で開催。企業とのコラボレーションセミナーなども行い、薬膳の普及に努めている。

薬膳コンシェルジュ協会

公式サイト
http://www.y-concierge.info

Information 2

杏仁 美友 氏

漢方&薬膳アドバイザー。国際中医師。中医薬膳師。薬膳コンシェルジュ協会の設立者として、講座の運営に力を注ぐほか、薬膳メニューや薬膳サプリの開発なども担当。テレビや雑誌への出演も多く、著書に、『薬膳美人』(マガジンハウス)、『薬膳ごはん』(大和書房)、『23時からの「薬膳」遅ごはん』(祥伝社)、『うつくし薬膳』(アールズ出版)、監修書に『漢方をはじめよう』(成美堂出版)など。

公式サイト
http://kyonin-miyu.com

Information 3

目的ローン「自己啓発・留学プラン」

自分磨きをして人生を楽しく有意義に過ごしたいという方におすすめなのがスルガ銀行の「目的ローン『自己啓発・留学プラン』」。一般的なクレジットカードの分割払いよりもお得な金利設定で、返済回数は最高84回払い。電話やウェブからお申込みいただけます(銀行への来店不要)。

※審査の結果、ご希望にそえない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

くわしくはこちら。
http://www.surugabank.co.jp/reserved/landing/mokuteki/

写真 蟹由香

  • Tweet
https://www.pillenkaufen.com/kaufen/armodafinil-online-artvigil-150

www.pillenkaufen.com

薬局処方箋無し

金融機関コード(銀行コード):0150
店コード:882