Lichtpuntje

SURUGA Lichtpuntje. Bring your dream to reality. Draw my dream.

特集

特集TOP

2014 Nov.6
Topic on Dream ~夢に効く、1分間ニュース~ Vol.54

Mariさんの日本料理教室が
外国人から絶大な人気を集める理由

世界最大級の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」で、「僕らの旅行のハイライトだった!」、「日本料理を学ぶ最高の方法!」など、海外の旅行者から圧倒的な評価を受けているアクティビティがあります。その名も「Japanese Cooking Class Tokyo with Mari」。簡単に言えば、外国人向けの日本料理教室です。この料理教室は個人で営んでいるにも拘らず、2013年にはトリップアドバイザーの関東エリアにおいて1位に選出されました。では、なぜこの料理教室は、外国の方々から人気を集めるのでしょうか。教室を開催する方に聞いてみると、“やりたいことを仕事にするって、やっぱり素敵だな”と思えるような答えが返ってきました!

Mariさんの日本料理教室が外国人から絶大な人気を集める理由

Mariさんが外国人のお客さまから高評価を受ける理由

Mariさんの日本料理

「もともとは大学を卒業後、看護の仕事や養護教諭をしていました。それと同時に、学生時代から異文化交流と料理が好きで、『いつか外国人向けの料理教室を開きたい』という思いも持っていました。そんな折、幸運なことに夜勤のない仕事に就いたので、“いつかやってみたい”と思っていたことを“今やろう”って思って教室を始めたんです」

素敵な笑顔でそう答えてくださったのは、築地エリアで外国人向けの料理教室を営む滑志田真理(なめしだまり)さん。彼女が料理教室をやりたいと思うようになったのは、学生時代に訪れた海外で、現地の家庭料理に触れたことがきっかけだと言います。

「学生時代、いろいろな国を訪れました。その中で、幸運にも現地の方からその国の家庭料理を教わる機会に恵まれました。中国やネパール、トルコなど様々な国の人たちに触れ合うと、“やっぱり家庭料理が何より美味しい”と思いました。そんな体験がきっかけで、自分も海外から日本へやって来る人々に日本の料理や文化を伝えたいなと考えるようになったのです」

最初は、勤めながら開いていた料理教室。参加者の評判やブログでの紹介、ネットの口コミなどでお客さまが増えていきます。

そして2013年、半年間の中国滞在から帰国すると予約が殺到します。仕事を辞め、料理教室のみに力を注ぐことを決心。現在に至るまで、月に100人を超えるお客さまを迎え入れてきました。さらに、自身の料理の腕も磨くべく、毎日様々な料理家の下で腕を磨いていると言います。

「お客さまのリクエストにも応えながら、築地市場で良い食品を選び、日本料理をまったく知らない人にもわかるように丁寧に教えています。特にご自身の国に帰った後でも自分で作れるようにと工夫を凝らしています」

滑志田さんは、自分自身も様々な国で家庭料理を教えてもらったことがあるからこそ、どう伝えたらよいかを心得ています。そして自分が本当に好きなことだからこそ、忙しい日々の中でも向上心を持って学び続けています。そんな彼女の姿勢が生徒に伝わり、結果として高い評判を生んでいるのではないでしょうか。

「今まで30か国以上を訪れてきましたが、時間も費用も上限があるので、行ける場所は限られています。そう考えると、今たくさんの国の方と触れ合うことができているので、とても充実した日々を送っていると感じます。実際、お客さまと友だちになって、その方のところへ遊びに行ったこともあります。そこでまた現地の料理を教わったり(笑)」

やりたいことや好きなことを仕事にするということに関しては、賛否両論があるかもしれません。でも滑志田さんの仕事に対する姿勢を見れば、「やりたいことや好きなことをするのは、人生を楽しく豊かにする方法のひとつだ」と、だれもが思うのではないでしょうか。

参考元:

文 遠藤由次郎